追蹤
虎科大性別關係與法律教學部落格
關於部落格
台灣雲林縣,國立虎尾科技大學通識課程「性別關係與法律」教學用部落格,主要透過民法、刑法、性別工作平等法、性別平等教育法、性騷擾防治法、家暴法、大法官會議解釋等相關法律、實例、及事件,共同討論台灣目前「性別關係」(同性、異性、跨性別、跨國婚姻新移民)之法制演進與現況,使同學關注以「人權法治」觀念落實「性別平等」之重要性,強化現代公民素養。任課教師李玉璽副教授(北海道大學法學博士)。課輔地點通識中心教師研究室。email信箱nccurantaro小老鼠gmail.com(來信請具名,未具名恕不回信)
  • 19159

    累積人氣

  • 3

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

Taiwan 國立虎尾科技大學2011 東日本大震災 募金活動

Taiwan 國立虎尾科技大學2011 東日本大震災
募金活動


說明:日本東北外海3月11日發生芮氏規模8.9強震,引發10公尺高海嘯,造成宮城、仙台、岩手、福島、茨城等沿海六個縣受到侵襲,當年九二一地震及莫拉克風災,日本民眾踴躍捐輸大量善款幫助台灣民眾,點滴在心,此次日本地震海嘯,災損嚴重,尚須面對未來長期的重建過程,基於人溺己溺、台日共存共榮的精神,敬請虎科大師生一起捐款濟助台灣友善的鄰國:日本,伸出援手、匯聚愛心,以實際行動傳達對於日本災區居民的關懷,達成國際親善交流的學習。

主辦單位:國立虎尾科技大學通識教育中心

活動期間:2011/3/14~3/18

辦法:請同學到通識中心辦公室募金箱自由投入金額(不拘多少,心意最重要),或由通識中心教師帶至課堂中募款,於活動結束後清點金額,公佈於通識中心首頁以昭公信,並將善款匯給具公信力慈善團體(註明日本311震災專用)(非外交部專戶,敬請放心)

日本の皆様、頑張れ
元気を出してください!
台湾 で皆様を応援します

因為中國阻撓,強調必須等動作遲緩的中國救難隊先行進入日本以後,台灣救難隊才可以去日本救人,所以日本政府被迫遲了好多天才讓台灣救難隊前往日本


台湾の救援隊、2日待たされ到着 日本、中国側に配慮か  2011/3/14朝日新聞

【台北=村上太輝夫】台湾の救援隊が14日、羽田空港に到着した。11日の地震発生直後にすでに隊員派遣の用意を表明しながら、丸二日も待機を強いられた。台湾側は「中国要因でしょう」(外交関係者)と受け止めている。

 日本側はいったん受け入れると返答したが、その後「現場が混乱している」として待つよう要請した。だが、その間に各国から救援隊が入り、台湾メディアか ら「なぜ入れないのか」と疑問が出始めていた。日本政府は1972年に台湾と断交、「台湾は中国の一部」とする中国の立場に配慮しており、台湾隊受け入れ をためらったとみられる。

 13日に中国の救援隊が現地入りし、同日夜にやっと台湾隊受け入れが決まった。




相簿設定
標籤設定
相簿狀態