追蹤
虎科大性別關係與法律教學部落格
關於部落格
台灣雲林縣,國立虎尾科技大學通識課程「性別關係與法律」教學用部落格,主要透過民法、刑法、性別工作平等法、性別平等教育法、性騷擾防治法、家暴法、大法官會議解釋等相關法律、實例、及事件,共同討論台灣目前「性別關係」(同性、異性、跨性別、跨國婚姻新移民)之法制演進與現況,使同學關注以「人權法治」觀念落實「性別平等」之重要性,強化現代公民素養。任課教師李玉璽副教授(北海道大學法學博士)。課輔地點通識中心教師研究室。email信箱nccurantaro小老鼠gmail.com(來信請具名,未具名恕不回信)
  • 19159

    累積人氣

  • 3

    今日人氣

    1

    追蹤人氣

再婚禁止期間は合憲=「女性差別」訴え棄却―岡山地裁


台灣舊民法第九百八十七條原規定離婚婦女有六個月的待婚期間, 離婚婦女如果再離婚六個月內結婚, 前夫或前夫的直系血親可以向法院提起撤銷後婚之訴, 除非離婚婦女在離婚六個月內已分娩的話,才不受待婚期間限制

以前禁止女子於離婚後半年內再婚,當時的主要考量是配合民法受胎期間180天回溯的計算,不要使子女是否為婚生產生認定上的困擾。

但是因為性別平等觀念發達及現代
DNA鑑定成熟,台灣已經於1997年(民國86年)修正民法時以保護未成年子女利益及違反男女平等原則為由,而刪除了女子離婚後六個月禁婚期間之限制

再婚禁止期間は合憲=「女性差別」訴え棄却岡山地裁

 

時事通信 1018()1324分配信

 女性だけ離婚後6カ月間の再婚を禁止する民法の規定は、法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、岡山県総社市の女性が国に165万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁は18日、請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 世森亮次裁判官は、再婚禁止期間を定めた民法733条の規定について「父性推定の重複を回避し、父子関係をめぐる紛争を未然に防ぐことにある」と指摘。「立法目的には合理性があり、憲法に違反するものではない」と述べた。

 女性は20083月、前夫と離婚。現在の夫との再婚まで6カ月待つ必要があり、精神的苦痛を受けたと主張した。「男性には再婚禁止期間がなく差別だ」として国家賠償法上違法と訴えたが、同裁判官は「違法の評価を受けるものではない」と退けた。

 女性は09年、離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する同法772条の規定に基づき出生届を受理しなかったのは違憲として国賠提訴。最高裁で11年、敗訴が確定した。 

 

女性の6カ月再婚禁止規定、違憲の訴え棄却 岡山地裁

朝日新聞デジタル 1018()1748分配信

 女性にのみ離婚後6カ月間の再婚を禁じた民法733条の規定により再婚が遅れたとして、岡山県総社市の20代女性が国に165万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、岡山地裁であった。女性側はこの規定が法の下の平等の見地から憲法違反だと主張したが、世森亮次(よもりりょうじ)裁判官は「父子関係の紛争の防止目的など、規定には合理性がある」などと請求を棄却した。

 判決によると、女性は前夫から暴力を受けて別居し、2008年3月に離婚。民法の規定で現夫と半年間、再婚できなかった。

相簿設定
標籤設定
相簿狀態